スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛犬に子犬を産む使命は無い

モモに子供を産んでもらおうとは、私は考えたことはありません。
もし、お散歩で会う男の子とお互い気が合って、恋仲になったらどうしようと思ったことはありますが、私が相手を見つけ「この子と子供をつくりなさい。」とは絶対に言いません。

【理由】
・犬を尊重し犬に合わせた生活をしてくれる里親を探すのが大変
・モモの子たちが本当に一生幸せに暮らせるか心配
・変な人にもらわれたら大変
・いざという時は全員自分で面倒を見る覚悟が必要
・結局「この人なら」と思える人が見つからずに全部自分で面倒を見ることになってしまいそう
・モモがそうしたいと思わなければそもそもダメ
・モモに頼まれてもいないことを無理に押し付けるのはダメ
・私自身に正当な理由や目的が無い
・モモにはそんな使命は無い


昔、近所にコーギーのブリーディングをしている人がいて、毎日お散歩で会うので知り合いになりました。
コーギーが大好きで、スタンダードな良いコーギーをつくり世に送り出したいと言っていました。
マンションにお住いの方ですが、最初は2匹だったコーギーが7匹になりました。
自分のとこのコーギーは女の子で、交配のための相手はよそのブリーダーさんから厳選していたようですが、交配時の様子と言えば、愛犬が嫌がって大変だったということでした。
本当に尋常じゃない嫌がり方で、仕方がないので抑え付けたりなどしてまるでレイプのようだと言っていました。
「とてもじゃないけど見ていられない。何度も止めようと思った。」と言っていましたが、ブリーディングは続けていました。

私はモモが尋常じゃない嫌がり方をするところは見た事がありませんし、一生見たくもありません。
これで「好き」の証と言えるのか、私にはよくわかりません。

別の女の子のコーギーは交配では上手くいかず、人口受精をして子犬を授かったそうで、本当に子犬を産みださせる意味がわかりませんでした。
生活のための売買を目的とした繁殖ではありませんでしたが、貰い手からはペットショップで買うよりは安いお金をいただくそうです。
無料であげて、「タダだったから」とちゃんと飼ってくれなかったら困るからだそうです。
繁殖相手のオスのブリーダーさんには子分けをするそうです。
そしてある日、そのブリーダーさんは、子分けした子がペットショップで売られているのを見つけてしまいました。
ペットショップに陳列させておくのは可哀想だし、どんな人が買うかもわからないので、結局自分で買ってきたそうです。

犬や猫など生き物の繁殖にはたくさんの問題がありますが、
(遺伝的な病気やパピーミルや現在の殺処分数等)
私は人が、他の生き物の命を創り出すのも、奪うのも、
良いとは思えないでいます。

愛犬に子犬を産む使命は無い
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。