FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10年以上、毎日幸せ。でも、私のためじゃない。

モモ、モモといると楽しくて、モモがいると幸せで、10年以上も毎日それが続いていることに、たまに気付いて驚くよ。
10年以上も毎日って、モモ、すごいね^^

でも大丈夫。
モモは、私の幸せのためにいるんじゃない。
私こそが、モモの幸せのためにいるんだよ。
そこは間違えたこと、無いからね。

モモが子供のころ、初めての予防接種に行った時、病院の待合室にだいぶ歳を取ったワンちゃんを膝に乗せ、順番を待っているお婆さんがいました。
確かシーズーだったと思います。
具合が悪いのか、その子はお婆さんの膝の上でじっとして、ほとんど動きませんでした。

お婆さんは子供のモモを見て、「今何歳なの?」「何ていう犬種なの?」「やっぱり子犬は可愛いわね~♪」と興味しんしんです。
確かに子犬には人を惹き付ける魔力があるのですが、それにしても自分の子が具合悪くして病院に来ているというのに、チョットはしゃぎ過ぎではなかろうかという感じです。

そしてお婆さんは、「この子はもうだいぶ歳を取っててね、そんなに長くはないの。」と言いました。
見た目にもそんな感じが漂っていたものですから、私は返事のしようもなく、シンミリしてしまいました。
さぞかしお辛い心境だろうと思ったら、なんとそのお婆さん、
「次はどんな犬を買おうか考えていたんだけど、コーギーも可愛いね~♪いくらくらいするの?」と、私をビックリ仰天させました。

今までも何度も犬を飼っていたそうですが、病院にも通って終生面倒を見るという点では真っ当なのでしょうが、それにしても、、
頑張って生きてきた姿と、頑張って生きている姿がまだそこにあるのに、もう次って…。
どうしてそんなにウキウキと、次はどんな犬を買おうかという話しが出来るのか、しかも値段の話しまで出てしまったら、もう意味わかりません。。

これは、本当にあった怖い話しです。
これが犬が好きだという人の姿なのか、正直よく分かりません。
ずっと動物と暮らしたいという気持ちなら分からなくもありませんが、次々と買い替える心境は、私には理解不能です。
しかも、年老いた愛犬の前でそんな話しをするなんて…。
犬好きにも色んな種類があるもんだなと、私はモモを連れて、お婆さんから離れた椅子に座りなおしました。

確かにモモといるのは楽しくて幸せなんだけど、
だけどそのためにモモがいるという、
そんな勘違いはしないでおこうと私は心に決めています。

10年以上、毎日幸せ。でも、私のためじゃない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。