スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーミングシグナル

「カーミングシグナル」とは、犬が使うボディランゲージで、犬がコミュニケーションをとるためものもだそうです。
「犬の言葉」みたいなものですから、犬の気持ちを分かりたいという人は、ぜひ知っておきたいものです^^


私は↓のブログを見つけ、毎日楽しみに読んで勉強しています。

http://blog.livedoor.jp/nanakailua/">ドッグウォーカー博士のスローライフ
http://blog.livedoor.jp/nanakailua/
(勝手にリンクすみません;;)

「もっと愛犬の気持ちをわかりたい!」
「愛犬にいつもニコニコ幸せでいてもらいたい!!」
という飼い主さんには必見です。

カーミングシグナルというものを知ってから、ワンちゃんを見かけた時に意識するクセが少し付いてきた気がします。
外でよそのワンちゃんに会った時、瞬きしてからぷい~と顔を背けてみると、たまにぷい~と顔を背け返してくれるワンちゃんもいるのですが、本当にたまになので、、偶然かどうかチョットわかりません★

保護施設のドッグランにいたあまり人馴れしていないワンちゃんたちも、遠い所からぷい~と顔を背けると、ぷい~とやり返してくれる子がいます。
歩いているだけでも吠えられるので、一度立ち止まってからぷい~と顔を反らしてみます。
しばらくして「どうかな…?」とチラッと見てみると、今度は向こうがぷい~と顔を背けます。
「お?」と思って少し見てるとこっちに顔を向けようとしたので、向ききる前に私はまたぷい~と横を向きます。
「これでは一生目が合わないかもしれない。」と思いながら、そんな事を何回か繰り返しました。
上手く出来たかどうかはわかりませんが、ワンワンされなかったので大きな失礼は無かったと思います。
ある他のワンちゃんでは、挨拶してはみたものの口元をペチャペチャとされてしまい、「ごめんなさい」と心でお詫びしてそっと立ち去りました;;

犬に無礼をはたらいている人も、目に付くようになってしまいました。
犬の真正面で仁王立ちになり、ワンワンしている(好意的じゃないワンワン)のにジッと見つめる人が意外といらっしゃるのですが、カーミングシグナルを知らなくてもそれくらいは空気を読んで遠慮しようよと思います。
さっきまでワンともスンとも言わなかった大人しいワンちゃんが、正面からズンズンやって来て仁王立ちする人には激しく吠えたりしてしまいます。
そして失礼なその人は、「この犬、吠えてダメだな。躾がなってないな。」などと言うんですから、何とも無礼な話しです。
いつか、「あなた躾なっていませんね。」と言ってみたいものです。

ちなみにモモは私が顔を背けると、背けた先に回り込んで一所懸命目を合わせようとしてきます。
ジ~っとこっちを見てテレパシーです。
私が本を読んでいたりする時は、鼻息を「フンッ」と鳴らし自分に注目するようにします。
1割が散歩に行きたいで、9割がオヤツ下さいです★
そういう時は優しく微笑み返したりとか、お望みを叶えてあげています。

たまには犬語で話しませんか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。